タイトル

2日限りのジャズナイト@日本クラブ バー&グリル

ジャズピアニスト菅野邦彦とヴァイオリニスト木村まりとの邂逅(かいこう):懐かしの曲を通して

場所

日本クラブNY

145 W 57th St, New York, NY 10019

開催日時

2017年5月18日(木) & 5月19日(金)

開催時間

開場: 6:00 pm

開演: 7:00 pm

参加費

カバーチャージ  会員$10、ゲスト$15

別途: Food & Beverage ミニマムチャージ $25

内容

戦後日本のジャズブームを盛り上げた菅野邦彦と、当地で現代音楽をリードするヴァイオリニスト木村まりとの協演をお楽しみ頂きます。

オリジナル曲を中心に「昭和」の時代に人々を励ましたヒット曲の数々の生演奏を日本クラブバー&グリルで予定しています。

お申し込み

本多 (212-581-2223、yhonda@nipponclub.org) まで。

企画・コーディネーター

和art Gallery 林祥子

Jazz Pianist 菅野邦彦

http://suganokunihiko.com/
 
Jazz Club六本木「ミスティー」の初代ピアニスト。学習院大学卒業後、当時(1962年)来日中のトニー・スコットに認められメンバーとなる。大学時代から吉屋潤とクール・キャッツのグループでの演奏活動、卒業後は橋本修とボヘミアンズ、エディ岩田とポークチャップ、平尾昌章とボーイ・フレンズで演奏活動。その後、鈴木勲(B)、ジョージ大塚(Ds)らとトリオを結成、松本英彦(T. sax)カルテットを経て、トリオを結成。1960年代後半から数多くのL・Pレコードを発表、日本で初のライブ・レコードを発表した。72年からブラジル、NYなど8年にわたる放浪の旅に。帰国後、活動を再開。世界唯一の鍵盤を考案し、現在にいたるまで東京で活動を続けている。
 

Violinist 木村まり

http://www.marikimura.com/
 
ジュリアード音楽院にてインタラクティブコンピューター音楽演奏の講師。ヴァイオリンの調弦を変えずにG線から一オクターブ低い音を出す「サブ・ハーモニック奏法」を確立したことで注目を浴び、このテクニックを応用した作品を次々と発表した。2010年にグッゲンハイム財団フェロー受賞、ハーバード大学よりフロム委嘱賞など受賞歴多数。カーネギー財団の2011度「アメリカの誇る外国人」唯一の日本人として選ばれ 、「ニューヨーク・タイムズ」紙に掲載される。2013年より、Atlantic Music Festival サマー音楽祭の“Future Music Lab”プログラムの監督に就任。2017年、Innova Recordings より自作、ブラジル・ジャズのアレンジを含めたソロ・アルバム「ボヤージュ・アポロニアン」をリリース、「巨匠の奏でる豊穣な音色、物理の法則と音色の限界に縛られない音楽」と絶賛される。

English
 
 
Title

2 days only Special

Jazz Nights at Bar & Grill at The Nippon Club

Kunihiko Sugano / Jazz Pianist & Mari Kimura / Violinist, Composer

Once upon a time music

Location

The Nippon Club NY

145 W 57th St, New York, NY 10019

At Bar & Grill at The Nippon Club

Period

May 18 (Thu) & May 19 (Fri)

Hours

6:00 pm (Door open)
7:00 pm (Live performance)

Admission

Cover Charge: The Nippon Club member $10, Guest $15

Food & Beverage Minimum Charge $25

Reservation

Yasuko Honda at yhonda@nipponclub.org or 212-581-2223

A dream collaboration by Kunihiko Sugano, who enlivened the jazz boom after the war in Japan, and Mari Kimura, who leads contemporary music here in the states, has finally come true! Please enjoy a special live performance of hit numbers encouraging people of the “SHOWA” era, along with original tunes, at Bar & Grill at The Nippon Club.
 
 

Kunihiko Sugano / Jazz Pianist

http://suganokunihiko.com/
 
The first house pianist to play at the jazz club Misty in Roppongi. A band member of the Tony Scott. Friends of musicians: Gil Ok-yun, Ediy Iwata, Masaaki Hirao, Sao Suzuki, Hidehiko Matsumoto, Horace Silver, Errol Louis Garner, Bill Evans, Phineas Newborn, Hampton Haws, Linton Garne. In 1972, he decided to travel the world and visited places such as a Brazil, Monte Carlo in Monaco and NYC in the USA. After coming back to Japan, he picked up where he left off and invented a new and one of a kind piano keyboard. To this day, he continues to play live concerts around Tokyo.
 

Mari Kimura / Violinist&Composer

http://www.marikimura.com/
 
Mari Kimura is a violinist/composer and best known for her use of subharmonics, which allow a violinist to play a full octave below the low G on the violin without adjusting the tuning of the instrument. Since 1998, Kimura has been teaching a graduate course in Interactive Computer Music Performance at Juilliard. She was awarded the 2010 Guggenheim Fellowship in Music Composition.  Her composition “I-Quadrifoglio” for the Cassatt String Quartet, from a 2010 Commission Award from the Fromm Foundation, was premiered at Symphony Space in NYC on October 13, 2011. In 2013, Kimura inaugurated a new summer program as the Director of the Future Music Lab at the Atlantic Music Festival in collaboration with IRCAM. Her latest CD (2017), Voyage Apollonian (Innova Records) features her works for Subharmonics and interactive compositions using a motion sensor. Kimura’s work has been featured in major publications including the New York Times and in Scientific American. She also plays everything from Baroque to today.